ファッション

【靴トーク】ミニマリストでも靴が少な過ぎるのはどうなのか?そのデメリットを挙げてみた

ワタルです。

昨日に引き続き、靴トーーーーーーク!!

昨日の記事では、所有している靴をまとめて紹介しました。

【靴トーク】一人の男性ミニマリストの靴事情。持ってる靴は何足?選んだ理由は?

数に関しては、全部で【5足】

特別少ない訳でも無いし、かと言って多いとも思いません。

何足所有でも良いとは思う反面、靴自体にフォーカスを当てた場合、例えば「1足だけ」など少なすぎるのはどうなのか?、、、

個人的に思うことをまとめてみました。

【靴トーク】靴の数が少なすぎるデメリット

ナイキのブルースニーカー果たして一足だけは合理的なのか?

物が少ないミニマリスト

「所有している靴は、この1足だけです!」みたいな人もたまに見かけたり。

果たしてそれは合理的なのか?

個人的に思ったこと・少な過ぎる所有のデメリットをまとめました。

傷みやすい

1足。あるいは2足など数が少ないと、同じ靴を続けて履くことになります。

ファッションアイテムの中でも、靴は一番負荷が掛かっているアイテム。全身を支えている訳ですからね。

また地面に直接触れることもあって、傷みやすいです。続けて履くことでダメージが蓄積されやすく、さらに傷みやすくなってしまいます。

倍のスピードで劣化してしまう

上で書いた通り、着用した際のダメージが大きいアイテムでもある靴。

靴は1日履いたら、本来2、3日は休ませた方が良いと言われています。

休ませながら数足を回して履いている靴と比較すると、毎日履いている靴は倍のスピードで劣化していきます。

単純に【履いている回数が、数足回していれば減る。】という理屈では無く、休ませない分、汚れが重なり、汗がちゃんと乾く時間も足り無いので、続けて履くと劣化を早めます。

あくまで数字は例えですが、毎日履いたら90日で履けなくなる靴でも、数足回しながら履けば、180回。手入れもこまめに行えば240回履けるかもしれません。

【靴磨き】ジャランスリワヤの革靴を手入れ。写真付で手順も解説!

結果的にお金も余計に掛かる

すぐダメになってしまうと、新たに購入する必要が出てきます。

1足だけだと感覚的には、節約している様なイメージに感じるかもしれませんが、劣化→買い換えの頻度を考えると、結果的にはコストも余計にかさんでしまします。

清潔感を簡単に損なってしまう

全身を整えるアイテム(身だしなみ的に)としても、靴は重要です。

どんなに身綺麗にしていても、ボロボロの靴や履き古しすぎた靴を履いてたら、他の要素で整えた清潔感も台無しになってしまいます。

手入れをしながら履き込んだ、雰囲気のある1足と、ただただ毎日履いたボロボロの1足は似て非なる物。

また1足だと、余程手入れをしていない限り、履き古してきてから〜買い替えるまでの期間では、基本的に古びた靴を履いていることになるので、清潔感を保つのが難しいですよね。

まとめ:個人的には1シーズン3足くらいは必要かと

コンバースのスニーカー1シーズン3足くらいが丁度良いかも。

やっぱり1足では、よほど手入れをしても正直無理があると思います。。。

そもそも、そんなこまめに手入れをする様な人は、数足を履き回した方が良いことも知ってる気がします。だからある程度は持っていたり。

もちろん思想は自由。数にこだわるのも個性です。

確かに少ないと身軽ではありますし、年中旅人の様な生活なら、1足が一番合理的かも知れません。

ただ僕は靴が好きなので、その靴を【一つの物】として大事に履いていくことを考えると「1シーズンで3足くらいは必要なのでは無いか?」と思っています。

それなら1回履いても1~2日は休ませることもできるし、数も少な目で程良いですね。

今回は【もしも1足なら?】という視点で考えてみました。

【靴トーク】一人の男性ミニマリストの靴事情。持ってる靴は何足?選んだ理由は?

ミニマリストの僕が、服の「数」を最小限にするのを辞めた4つの訳




ブログ村ランキング

20代ミニマリスト部門1位
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ