雑記

合理性に縛られない思考【限りある時間の使い方】を読んで

合理性に縛られない思考【限りある時間の使い方】を読んで

ワタルです。こちらの本を読みました。

オリバー・バークマンさんの著書【限りある時間の使い方】

時短のコツ・合理的にタスクをこなすとか、そういった類の本ではありませんでした。

今回は書評です。

【限りある時間の使い方】はどんな内容?

アダム・グラント、ダニエル・ピンク、
カル・ニューポート他、NYタイムズ、WSJ絶賛の
全米ベストセラー!

人生はたった4000週間、
限られた時間をどう過ごすか!?

「すべてのことを終わらせる」
という強迫観念を捨て、
自分の有限性を受け入れたうえで、
そこから有意義な人生を築く方法を紹介する。

本書を読めば時間に対する見方が変わり、
さらには生き方が変わるだろう。

全米衝撃のベストセラー、ついに日本上陸!

Amazon 本書紹介より抜粋

【限りある時間の使い方】を読んだ感想

合理性に縛られない思考【限りある時間の使い方】を読んで

こちらの本ですが、なかなか興味深い本でした。

昨今「時間をどう使いこなすか?生み出すか?」いわゆる生産性の高さについて、色んな書籍やメディアでも、提唱されています。

確かに生産性・合理化は大事。

最新のタスク管理アプリを使って、合理的に早く処理を行い、時間をコントロールする意識を持つ,,,

でも結局、合理化して時間を生み出しても、そこには別のタスクが入ってきたり,,,

または「その時間で何か有意義なことをしなければ,,,」という思考に陥っている人が多いのも実情。

僕自身、色々合理化しつつも【時間を有意義に使うことが目的】になっていて、ある意味、時間に縛られている状態に気づきました。

また仕事に関しては合理的であるべきだと思いますが、人生という軸で考えた場合には、確かに考え方が異なるかも知れません。

本書の特徴は、そうした合理化を目指す時間の管理・ライフハックとは異なり【時間】そのものを理解し・受け入れて考えるような内容でした。

内容は少し異なりますが、本書での好きな一節を抜粋。

漁師達は言う。「ちょっと働いて、まったり飲んで、友と話すのが幸せだ」と。

それを聞いたアメリカ人が「それならより合理化して、組織を大きくすれば、収入が増えて、早くリタイヤ出来るのに。そしたら時間ができる」

漁師:「リタイヤしたら何をするんだ?」

アメリカ人:「まったり飲んだり、友と話すことが出来ますよ」

この本では具体例もありつつ、哲学的・抽象的な内容になってます。

読めば何か解決するようになる訳ではありませんが、時間という概念を見つめ直すにはとても面白い本でした。

個人的な学びは以下

  1. デジタルデトックスは効果的だけど、根本的な問題はそこではない。スマホを無理やり引き出しにしまっても、本質的な解決にはならない
  2. 時間が有限なのは分かってるけど、すごく先の未来で考えがち。だから先延ばしにしてしまう。それは遠くの未来かも知れないし、明後日かも知れない
  3. 自分で時間を全てコントロール出来ることが幸せとも限らない。実は会社にある程度拘束されてる方が心地良いとのデータもある
  4. 全く同じ時間・状況は訪れない。その瞬間に集中する

哲学的と言いながらも、けっこう読みやすいので、一読してみる価値はあると思いますよ!

あなたの「時間の概念」も、変わるかも知れません。

ミニマリズム関連の本を50冊以上読んだ僕が、特にオススメしたいミニマリスト関連本【5冊】をまとめて紹介!

一人旅のお供におすすめな本5冊を紹介!その理由も合わせて解説します

【残り数日】オーディブルが2ヶ月間無料!

12万冊の本が聴き放題【オーディブル】・通勤 – 通学中
・家事しながら
・散歩のお供として
・寝る前にも

Amazonの聴く読書
【オーディブル】なら
12万冊の本を聴き放題!

月額1,500円が30日間は無料!
なんと期間限定キャンペーンで10/12までは2ヶ月間無料(通常3,000円 → 0円)に!!
この「お得な」タイミングでの体験をオススメします。

> > オーディブルを無料で体験する