雑記

話題の「AI絵画」体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!

話題の「AI絵画」を体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!

最近NEWSでも見聞きする「AI絵画」

そのクオリティも高くて、何やら単語を入れれば、それに応じて自動で絵が生成されるらしい,,,

自分でも体験したくなったので、実際にツールを利用して → 絵を生成するところまでやってみました!

※一覧の流れも、画像と合わせて紹介してます。

NFTが謎すぎるので、本で勉強してみた。【だれにでもわかるNFTの解説書】を読んで。



【疑問】これは無料?お金はかかるのか

結論、無料で使用することも可能です!

ただ画像を作成出来る回数に制限があります。(計25回。作成や変更で、各1回扱い。無料で体験したい人は慎重に!

今回紹介の流れでは、無料の範囲で使用しております。

有料プラン【 Basic($10/月)・Standard($30/月)・Corporate($600/年)にすることで、使用上限を上げるのも可能。

AI絵画作成ツール【Midjourney】の使い方

AI絵画を始めるにあたって、まず以下2つの登録が必要です。

  1. Discord でアカウントを作成
  2. Midjourney でアカウントを作成

AI絵画作成サイトがあって、そのページでサクッと体験出来るかと思っていたのですが、少し違うようでした。

↑の①のツールのアカウントがあると、AI絵画が体験出来るアプリ?【Midjourney / ミッドジャーニー】が使えます。

とはいえ、そこまで難しい流れでもありません。

下の画像と案内に従って登録すれば、AIアートを体験出来ます!

【Discord】の登録方法

話題の「AI絵画」を体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!最初の画面。左ボタンからダウンロード※windowsの場合は「windows版をダウンロード」の表記になってます

まず、Discordのアカウントが必要になります。

とりあえず登録するだけでOK。5〜10分で終わります。

01. Discordを開きます。

02. ぼくの場合、Macを使用しているので「Mac版をダウンロード」をクリック。アプリがダウンロードされるので、それをファイルに入れます。(ドラックドロップ)

それを開きます。

話題の「AI絵画」を体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!「Register」からアカウントを作成。最初から作成画面の場合も

03. 上のログイン画面が表示されるので、アカウントがある人はそのままログイン。今回登録する人は「Register」をクリックすると登録画面が開きます。

04. 必要な情報(アドレス・ユーザー名・パスワード)を入力して、続けるをクリック。

05. 次に認証画面(画像の間違え探し)になります。そこも1〜2回進めると登録アドレスに認証メールが届くので、その認証ボタンをクリックすれば アカウント登録完了 になります。

次に【ミッドジャーニー】の登録方法

話題の「AI絵画」を体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!ミッドジャーニーのトップ画面。なんかビビリますが、問題ないので大丈夫

今度はミッドジャーニーの登録(ログイン)を行います。こちらもすぐ終わります。

01. ミッドジャーニーを開きます。上の画像の「join the beta」をクリック!

話題の「AI絵画」を体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!「join the beta」をクリックすると、こちらに

02. 「既にアカウントをお持ちですか?」をクリック

03. ログイン画面になるので、Discordで設定したアドレス・パスワードを入力して進むと、ミッドジャーニーへのログインが完了します!




実際に「AI絵画」を作ってみた!作品も紹介

話題の「AI絵画」を体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!左サイドバーの「newbies-〇〇」をクリック。簡単に言えば、AIアートを作れる部屋みたいな感じ

登録が完了しているので、ミッドジャーニーにログイン出来ます。

画面左のバー【NEWCOMER ROOMS】に「newbies-〇〇」というテキストがあります。〇〇部分は数字で、複数あったりしますが、どれでもOK。クリックしてみて下さい。

クリックすると、中央の表示が変わります。(掲示板みたいな感じ)

話題の「AI絵画」を体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!promitの横に、英単語を「,」で区切りながら入力

すると、画面中央下の方に入力欄があるので、ここに /imagine と入力して、ENTERを押します。

上画像みたいに( /imagine prompt ) と表示されるので、prompt の後ろに続けて、その入力欄に 英単語 を入れるだけ!

※英単語は「,」で単語毎に区切って入力して下さい。

今回、以下の単語で試してみました!

coffee,sea,cat,pop art(コーヒー,海,ネコ,ポップアート風)

単語を入れて ENTER を押すと、その単語に応じて4パターンのAIアートが1分ほどで表示されます。

話題の「AI絵画」を体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!英単語のイメージから4パターンが出来ました

お〜出来ました,,!!

凄い!ちゃんと単語の要素が入ってますね(ちょっと不気味だけど,,,笑)

画像番号は左上から右に1 → 2。下も同様に3 → 4となります。

ただ、ここで終わりではありません!

作成された画像の下に、いくつかボタンが表示されます。このボタンをクリックすることで、再度同じ単語で画像を作ったり、画像のクオリティをあげることが可能です。

U1~U4,V1~V4,円形の矢印マーク

U=それに近いイメージで画像を4つ再作成
V=その画像だけをキレイに再作成
矢印マーク=新たなイメージで4つ再作成

(例)

  • U3をクリック・・・3番の画像に近い画像を4枚作成。
  • V2をクリック・・・2番の画像のさらにキレイに仕上げる
  • 円形の矢印マークをクリック・・・同じ単語から、新たに4枚を作成

ということで【U4】をクリックして、また4つを作成してみると,,,

話題の「AI絵画」を体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!ひとつの絵を元に、似てる画像を4つ作成

はい、4番のイメージに近い画像が4つ作られました。

微妙にニュアンスが変わっていて面白い,,,!3番が気に入ったのでV3をクリックして、絵の精度を上げてみます。

話題の「AI絵画」を体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!画像を仕上げました。よいですね!

さらに仕上げた絵がこちら。

普通によいですね!パネルにして飾りたいくらいです。デザインもどこか謎めいていて、AIアートの可能性を感じます。

自分の作った画像が、チャット上で流れて見つからない時の探し方

そんな時は画面右上の受信ボックスの中で「言及」タブをクリック。ここで自分で作成した画像のみ確認出来ますよ。




まとめ:面白い。色んな世界が広がりそうな予感,,,

話題の「AI絵画」を体験してみた【ミッドジャーニー】のやり方も紹介!他にも作ってみました。怖いな,,,!笑

流れをおさらい!

  1. Discordでアカウントを作成
  2. ミッドジャーニーでアカウントを作成
  3. 英単語を入れて作品を作成
  4. 画像のクオリティを上げていく

最初はちょっとめんどくさそうですが、1回登録してしまえば後は簡単!

どんな単語にすると、どんなアートが完成するのか?

文字の組み合わせや単語の選定で、可能性は無限大!

ぼくも自分で絵を描くのは上手ではないので、こうしてアートを作成出来るのはとても楽しかったです。まだ使用上限に達していないので、引き続き色々試してみようと思います。

NFTが謎すぎるので、本で勉強してみた。【だれにでもわかるNFTの解説書】を読んで。

【YouTube Premiumは高すぎ?】実際に利用して感じた、メリットとデメリット

オーディブルが「2ヶ月無料」

12万冊の本が聴き放題【オーディブル】・通勤 – 通学中
・家事しながら
・散歩のお供に
・寝る前でも

Amazonの聴く読書
【オーディブル】なら
12万冊の本を聴き放題!

月額1,500円が、30日間無料!
さらに期間限定キャンペーンで、12/26 までは 2ヶ月間無料(通常3,000円 → 0円)!!

この「お得な」タイミングでの体験がオススメです。

> > オーディブルを無料で体験する