雑記

有ると無いでは結構違う【コースター】という存在。おすすめの種類も

 

こんにちは!

ワタルです。

 

そんなに意識したことないけど

有ると無いでは結構違う。

 

そう。

コースターという存在。

コルクのコースター

コースター(coaster)は、飲み物を飲む時にコップなど食器の下に敷く、小さなマット。コップ敷き、コップ受け、グラス・マットとも呼ばれる。

そんなコースターを使うメリット

そしておすすめの種類を紹介していきます。

 

目次

コースターを使うメリットを再確認してみる

水や熱から守ってくれる

結露したグラスをテーブルに置くと、水跡が付いてしまいます。

また、熱々の容器をそのまま台に置くと

下の素材によっては、焼けてしまいます。

 

コースターを敷くことで、それらを受け止めてくれるので

テーブルや台を綺麗なまま保つことが出来ます。

コップを置く時の迷いが減る

元々そんなに迷いも無いとは思いますが、、笑

でも置く時に、一瞬その場所を無意識

考えていると思うんですよね。

 

コースターがあることで

ある種、そこがコップの定位置となり

何も考えず置くことが出来ます。

写真上:無 下:コースター有

f:id:nakanaka0000:20190609215107p:image

置いた物・中身が際立つ

この効果は大きいです。

そのまま置いた時と比較すると、有る方がお店のドリンクの様に見えて

より美味しそうに。また、お洒落に見えます。

水の入っただけのグラスでもこんな違いが。

f:id:nakanaka0000:20190609215131p:image

さて、ここまではコースター自体のことを書きましたが

その中でもおすすめなのが、写真にある通り【コルクのコースター】なんです。

コルクコースターのメリット

安い

コースター自体、そんなに高い物の方が少ないですが

コルクコースターは特に安いです。

無印や100均とかで、1枚¥40買えると思うので

汚れたりしても、すぐ替えれますね。

水を吸収する

コースターの種類によっては、水を受け止めることは出来ても

吸収は出来ない物もあります。↓

  • ガラス

 

吸収出来ないと、、

持ち上げた時にが垂れて水が付くことも、、

コルクは吸収してくれるので

水滴を気にせず利用することが出来ます。

何を置いても馴染む

使っていて気づいたんですが

コルク自体の色味もあってなのか

何を置いても結構馴染みます。

 

水を入れたグラス、マグカップのコーヒー、、

 

コルクコースター自体がシンプルなので

飲み物の邪魔をしないのも良いですね。

軽く柔軟性がある

軽いです。

そして柔軟性があるので、落として割れたりすることも無い。

 

グラスを置く際も

衝撃を吸収してくれるので置きやすいです。

 

吸水力の凄い、珪藻土のコースターも最近多いですが

結構硬いので、若干扱い難いんですよね、、

経年変化?を感じれる

コルク自体を洗うことは出来ないのですが

使っている内に、だんだんと黒っぽい風合いに。

 

汚れというより、良い感じに雰囲気が出て

ある種の経年変化を楽しめます。

まとめ:意外と役に立つ大事な存在

ワークプ レース Lapetop ノートブック コーヒー カップ コーヒー 1 杯 作業 オフィス

自宅では使わない人も多い、コースターという存在。

しかし、有ると得られるメリットも意外にあります。

【コルクコースター】は特におすすめなので

 

コースター自体をあまり使わない方は

価格も安いコルクコースターで試してみては如何でしょうか?