ファッション

10年後はどうやって服を選ぶと思いますか?齊藤孝浩氏の【アパレル・サバイバル】を読んで

 

こんにちは!

ワタルです。

 

本日はこちらの書評です。

齊藤孝浩氏の著書 アパレルサバイバル

齊藤孝浩(タカ・サイトウ)氏の著書

アパレル・サバイバルです。

内容

2018年、ファストファッションの象徴とも言えるH&M銀座店が

10年の歴史に幕を下ろした。

「次の流通革新」はなにか。

メルカリ、エアクローゼット、ZOZO….

売上を伸ばすために、進化をとげるアパレル業界迫る!

~同書紹介より引用~

感想

こちらの書籍のテーマは

今後のアパレル業界がどうなっていくのか?

ということ。

 

・ZOZOなどの通販サービスが拡大した現在での店舗の必要性

・メルカリなどのフリマサイトの発展

・H&Mより安いウルトラファストファッションの出現

 

など、目紛しい変化をしているアパレル業界の今後の動向に

触れられています。

 

その中でも特に読んで欲しいと思ったのが

冒頭に書かれている10年後の日常での服の在り方・買い方です。

すごく具体的で、実際に未来はこうなるんだろうなと思いました。

もはや半分近くそうなってますが、、

 

具体的な例を挙げると

専属のAIがコーディネートを決めてくれる(気候・場所に合わせて)

購入前の服を手持ちの服と画像で合わせられる(買い物の失敗が減る)

店舗に行く前に予約して店内でまとめて試着(無駄なやりとりが無くなる)

いらなくなったら、ボタン1つでフリマサイトにそのまま出品(現在より手軽に)

 

これで思ったことは、皆が均一にお洒落になっていくということ。

お洒落って自己満足もあるけど、人との差別化が楽しい部分もあります。

 

しかし、AIによって最適なコーディネートが組まれる様になると

お洒落な人が増えるというより

お洒落じゃない人がかなり減ると思いました。

 

その結果、皆ある程度見た目的な意味でのお洒落?になるので

もはや何がお洒落かわからなくなりそうな気がします。

バランスよく組み合わされたファッションが増えるので

かなり個性的なファッションをしないと

差別化という意味でのお洒落になるのは難しいのかも。

 

特に見栄の部分で服を楽しんでいる人にとっては

よりファッションが難しくなってくると思います。

 

フリマサイトなどでより簡単にハイブランドの服が買えて

低価格帯のブランドはよりデザイン性が向上していき

このブランドを持ってるからすごい!お洒落!

といった感覚は無くなってくると思います。

 

なので、服のデザインやブランドよりも

如何にその人に似合っているか?ということが

大切になってくるとかと。

 

記事に書いたのは一部なので

他にもまだまだ知らないサービスも色々あったりと

驚くこともありました。

 

ファッションが好きな人はもちろんですが

あまり興味が無い人でも

冒頭の10年後の日常でのファッションの在り方

の部分だけでも読んでみると面白いと思いますよ。