雑記

内向性もひとつの個性【静かな人の戦略書】を読んで

内向的もひとつの個性「静かな人」の戦略書を読んで

ワタルです。

新たに本を読みました。

ということで、本日は書評。

ジル・チャンさんの著書【「静かな人」の戦略書】です。

「静かな人」の戦略書はどんな内容?

本書は台湾出身、「超内向型」でありながら超外向型社会アメリカで成功を収めた著者が書いた「静かな人の潜在能力」を最大限に引き出すための戦略書だ。

ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグ、イーロン・マスク、ウォーレン・バフェットなど、ケタ外れの成功をしているビジネスパーソンの多くが内向型であるように、静かな人は、底知れぬポテンシャルを秘めている。

Amazon 本書紹介より抜粋

「静かな人」の戦略書を読んだ感想・レビュー

内向的もひとつの個性「静かな人」の戦略書を読んで内向的な人の戦略を知る

僕自身、外交的か内向的かを問われたら、間違いなく「内向的」なタイプ。

この内向的って、社会ではなかなか強みとして活かすことが難しいポイントでもあります。

やっぱり世の中は弱肉強食な面は強いので、いわゆる「内向的・繊細さん・HSP,,,」の人などは、毎日大変なことも事実,,,

今回は戦略書という、アプローチなのもあって

どうすれば社会で内向性を活かせるのか?そもそも「内向性」を自分が理解しているか?

そんな部分を再確認出来る本でもありました。

著者のジルさんの実体験をベースに、悩んだ経験やそれに対しての対策などがまとめられています。

ライフハック的な側面よりも、自伝をベースにした内容にも感じました。

全体のページ数は300ページくらいあるので、ボリュームはあります。

ただ細かい見出しで作られているので、各内容の詳細は割とシンプル。

なので見出しをパラパラとめくるだけでも、色々再確認出来る・自分が気になるトピックを抜粋して読むだけで、ある意味、内向的な自分への「支え」になるような本だとも思いました。

内向性の「概念」は何となく分かってる。でも「戦略」として、この特性を利用するにはどんなアプローチが良いのか分からない,,,

そんな方には「社会で生きていく為のひとつの装備」として、一読しておくと活躍する1冊かも知れません。

【残り数日】オーディブルが2ヶ月間無料!

12万冊の本が聴き放題【オーディブル】・通勤 – 通学中
・家事しながら
・散歩のお供として
・寝る前にも

Amazonの聴く読書
【オーディブル】なら
12万冊の本を聴き放題!

月額1,500円が30日間は無料!
なんと期間限定キャンペーンで10/12までは2ヶ月間無料(通常3,000円 → 0円)に!!
この「お得な」タイミングでの体験をオススメします。

> > オーディブルを無料で体験する