雑記

旅するように働き生きる。本田直之・四角大輔氏の【モバイルボヘミアン】を読んで

 

こんにちは!

ワタルです。

 

本日は書評

本田直之と四角大輔の著書 モバイルボヘミアン
本田直之氏と四角大輔氏の【モバイルボヘミアン】

 

本田直之氏と四角大輔氏の

モバイルボヘミアン ~旅するように働き、生きるには~

内容

モバイルボヘミアンとは、「仕事」のためだけに生きるのではなく、「好きなこと」を中心に据えながら、旅するように働き、暮らす、自由な生き方のこと。

会社員だった2人はどうやって、場所にも、時間にも、会社にも、だれにも縛られない自由なライフスタイルを手にしたのか。

10年近く、まるで兄弟のように深い交流を続けてきた、『レバレッジシリーズ』や『ノマドライフ』著者・本田直之と、『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』著者・四角大輔の2人が、20代の頃から20年以上の歳月をかけ、実験し続けてきた「生き方」と「考え方」をまとめた、まさに集大成となる一冊。 同書紹介より引用

感想

モバイル 動ける・動かしやすい・機動性のある・移動型の

ボヘミアン 古い慣習にとらわれない人・自由奔放に生きている人

 

今では耳に馴染んだ”ノマド“という言葉。

 

本書では、性格も見た目もある意味対極

共通点は元々会社員だったという二人が

そんなノマドライフを実現させるまでを

それぞれの異なるエピソードから書かれています。

 

単に「自由に生きよう!」「海外へ出よう!」

という話では無く、働く場所に捉われず、自分の人生を

歩んでいくにはどうすればいいか?

ノウハウ的に書かれています。

 

一度一般企業で社会人としての基礎力を付け

同時にITスキルも上げて、海外へもこまめに足を運びながら

日本以外の拠点を作り上げていく。

 

中でも、収入源を一つに縛られないようにするという点

 

なぜなら、大きな収益 責任が大きい 時間を取られやすい

 

また、それを失ったら全てを失ってしまうという観点から

二人ともビジネスに加え、自身の趣味にも通じる様な

仕事 = 収入源いくつか確保していて

責任を分散することで過度なプレッシャーを避け

自分の時間も確保しやすい様にして、豊かに暮らしていく

との考え方には「なるほど、、」と思いました。

 

20年以上かけて掴んだ生活スタイルなので

すごく説得力があります。

 

また、本書の最後には四角氏の厳選アイテムが紹介されて

いるんですが、これがミニマリストにおすすめ!

アウトドアに関して、プロとして知識のある四角氏が

いかに小さいか?いかに軽いか?

登山などでは少しの妥協で生死に関わるということで

グラム単位の重さまで吟味したアイテム達。

 

ミニマリストが生活に取り入れられる物もあり

かなり参考になると思います。

しかも!

一つ一つのアイテムがメーカー商品名重さコメント

と具体的に紹介されているのが嬉しいところ。

 

本書が発売された2017年ではまだ特殊な働き方と言った

ニュアンスがありますが

ここ二年で、かなり世の中は変化して

二人の働き方・考え方に近づいている様に感じました。

 

もう数年後には、これが特殊な働き方では無く

一般的な働き方になっているかもしれません。

そんな風に汲み取りながら読んでも

興味深い一冊だと思います。

過去の書評↓

実はミニマリスト?【俺か俺以外か】その名言を生んだローランドという男
ミニマリストの先駆け?デーブ・ブルーノ氏の【100個チャレンジ】を読んで