ミニマリスト

近未来カプセルで生活する人々のお部屋を覗き見。【中銀カプセルスタイル】を読んで

ワタルです。

カプセルホテル。と言ってもホテルでは無く、そんなカプセルで暮らす人々お部屋を覗き見出来る一冊。

中銀カプセルスタイル中銀カプセルスタイル 20人の物語で見る誰も知らないカプセルタワー

【中銀カプセルスタイル/20人の物語で見る誰も知らないカプセルタワー】です。


この本のあらすじ

中銀カプセルタワービル中銀カプセルタワービル wikipediaより Jordy Meow – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=31395049による

20のカプセル、20の生き方。この時代にこそ輝く、黒川紀章の傑作。「新陳代謝する建築」は、時代をこえて「SNS映え」、「ミニマリズム」、「コロナ下のセカンドオフィス」など、最新潮流にベストマッチする!全20のスタイルを大公開!

Amazon 本書紹介より引用

【中銀カプセルスタイル】を読んだ感想

いや~読みながらワクワクした1冊でした。

この本では東京都中央区にある中銀カプセルタワービルで生活する20人の部屋が紹介されています。

合わせて「なぜこのカプセルで暮らすのか?どこに引かれたのか?」それぞれのエピソードも書かれています。

部屋によっては

  • バスルームが無い。
  • トイレがない。
  • 雨漏りする。
  • 窓が開かない。
  • 換気出来ない。

など「正直中々厳しいな、、」と思える環境でも皆さん各々の工夫をしながら暮らしていて、面白かったです。

 

中銀カプセルタワービル カプセル内の写真 wikipediaより urbzoo – https://www.flickr.com/photos/urbzoo/3767716132/, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=57930397による

単純にこの建物自体にもすごく惹きつけられました。本当に今存在する建物なのか信じられないくらい。笑

構造も独特なので、漫画みたいな。ハウルの動く城のあの城に住んでるような。

後、1つのカプセル自体がかなり狭いので、そこをどう利用するかも、それぞれ全く異なる個性がありました。狭い空間の利用方法にはミニマリストとして参考になる部分も。

昔のデザインを極力残す方もいれば、リノベーションでモダンに再デザインしている方も。

建物はかなり老朽化が進んでおり、近い将来取り壊しの可能性もあるみたいです。

熱烈なファンの存在・異質な建築としての価値があってか、まだ実在してます。まだ建物が生きている内に読んでみるのもありだと思います。

ミニマルとかタイニーハウス、狭い物件とか見るの好きな人にはたまらないはず。

ちなみにオフィス利用マンスリー利用なども出来るみたいですよ♪せっかく都内に住んでいるので、一度観に行ってみたいと思いました。

泊まれる茶室!?人形町駅すぐの【hotel zen tokyo】に泊まってきた
本屋さんに宿泊体験【BOOK AND BED TOKYO 新宿】に泊まってきた!アクセスは?その感想も




ブログ村ランキング

20代ミニマリスト部門1位
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村