雑記

海外一人旅へ行きたくなる作品。オードリー若林氏の本【表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬】

こんにちは!ワタルです。

本日は書評。

若林正恭氏の著書 表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬
若林正恭氏の著書 表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

 

お笑い芸人のオードリー若林氏の著書

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬です。

若林正恭(著)  表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬  内容紹介

前作『社会人大学人見知り学部卒業見込』から約4年ぶり、新作の舞台はキューバ!航空券予約サイトで見つけた、たった1席の空席。何者かに背中を押されたかのように2016年夏、ひとりキューバへと旅立った。慣れない葉巻をくわえ、芸人としてカストロの演説に想いを馳せる。キューバはよかった。そんな旅エッセイでは終わらない。若林節を堪能できる新作オール書き下ろし!

~同書紹介より引用~

【表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬】読んだ感想

第3回斎藤茂太賞を受賞した作品。

若林さんがマネージャーと一緒に行ったとかでは無く、本当にプライベートで一人で海外に行った旅行記です。

個人的にすごく好きな作品で一人旅、特に海外に行く前は、つい読み返してしまう一冊です。

 

舞台はキューバ

アメリカ、ヨーロッパ諸国、インドなど一人旅での話を書いた作品は多々ありますが、このキューバを舞台にした一人旅の書籍は少ないと思います。

僕の知ってる中ではこの作品しか知りません。

 

他の旅行記も大好きなんですが、この本を読むまでキューバという国自体をほとんど知りませんでした。僕だけで無く、キューバについてどんな国か説明できる人は少ないのでは無いでしょうか?

読んでみると、キューバという国に対して知らなかったことばかりで、すごく興味を持ちました。単純に知らない国の文化や雰囲気を知れるという意味でも面白かったです。

社会主義国家で、看板などの広告がほとんど無い。

50年代のクラシックカーが街を走り、スタバなどのチェーン店も無い世界。

キューバ ハバナ 古い車 クラシック

若林さん自身が、海外を旅慣れてる訳でも無くて外交的なタイプでも無い(というか内向的)なので旅行中の不安な感情描写とかもすごく共感出来ました。

3泊5日という短い期間での旅ですが、1日1日のエピソードがしっかり書かれています。

ラストのエピソードでは、旅行記では無く小説を思わせるような展開も、、

こんな人におすすめ

  • 一人旅を題材にした作品が好きな方
  • 若林さんが好きな方
  • キューバという国が気になる方
  • 割と内向的なタイプの方

読みやすい作品ですので、ぜひ読んでみては如何でしょうか?

・移動中や作業中も読書の時間に。オフライン再生もOKです。Amazonの「聴く」読書。最初の一冊は無料

一人旅でのおすすめ書籍↓
一人旅のお供におすすめな本5冊を紹介!

若林さんの別作品↓
内向的な人やHSPの人は特に共感出来るかも。オードリー若林氏の本【ナナメの夕暮れ】がおすすめです




ブログ村ランキング

20代 / 30代ミニマリスト部門1位
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村