ミニマリスト

僕がミニマリズムに惹かれた四つの訳

 

こんにちは!

ワタルです。

 

夕食後にブログを書こうと思ってたんですが

思いの外、夕食を食べ過ぎてしまい

完全に頭が回りません。

 

毎日更新のピンチです。笑

「ん〜」と頭を抱えていたところ

ふと、なんで自分はミニマリズムに惹かれたんだろう?

と考えました。

 

自分自身を分析した結果

以下の理由が僕をミニマリストにしたと

回らない頭で結論づけてみました。笑

目次

僕がミニマリズムに惹かれた4つの訳

映画の影響

どの作品という訳では無いんですが

昔観た映画のとあるシーンへの憧れがありました。

 

旅人の主人公が、キャリーケースだけを持って旅をしていて

モーテルに入って宿泊するシーン。

 

ベッドしかない様な殺風景な部屋に入り

キャリーケースを置いて、ベッドに横たわる、、

 

そんな光景が子供ながらにすごく渋くてカッコ良く感じたんです。

 

トランク一つに収まる物=少ない持ち物

との認識から、身軽な生活へ憧れる様になったのかも、、

こだわりが強い

僕はこだわりが強い方です。

特にに関しては。

 

それと同時に、買った物は全部しっかり使いたい

との思いもあるので、物が多いと一つ一つを大事にしにくいので

 

それなら、少なく所有すれば 一つ一つを大切に出来る

と思いました。

色々と楽だから

僕は面倒くさがりな部分もあります。

なので、持ち物が少なく余計な物が無いミニマリストなら

掃除するのも洗濯するのも、着る服を選ぶのも簡単なので

生活が楽になりそうだったのも、惹かれた理由かも知れません。

ホテルが好き

最初の映画のモーテルにも重なりますが

ホテルの部屋への憧れがあります。

 

清潔感があって生活感が無く、お洒落。

 

「こんな部屋に住みたい!」という思いもあり

自宅もホテルライクにしたい願望がありました。

 

ミニマリストのいい意味で生活感が無い感じ

ホテルライクな部屋に通じる様に感じました。

まとめ:昔からミニマリズムに惹かれていた

ホテル ルーム ベッド ホテルの部屋

こうして書いてみると

自分は昔からミニマリズムに惹かれていたんだな

と思いました。

 

ただ、ミニマリストという言葉が世間一般には無かったので

この感覚を自分でも深く考えることはありませんでした。

遡って自分を振り返ってみるのも面白いですね!

ミニマリズムの別記事↓
誤解している人が多い。ミニマリストについて分かりやすく解説します。
ミニマリストの僕が、服の「数」を最小限にするのを辞めた4つの訳