雑記

【映画レビュー】アカデミー賞3部門受賞作品!グリーンブックを観てきました。

こんにちは!ワタルです!

【ブログ初心者なので、映画とかの写真ルールがよく分かりません。誰か教えて(笑)

 

先日なんですが、映画【グリーンブック】を観てきました!

皆さんご存知ですか?

あの大ヒット映画ボヘミアンラプソディを抑えて、今年のアカデミー賞作品賞など、なんと3部門を受賞した作品なんです。

 

僕も前知識はほとんどなく、CMで観た時に

「あ〜陽気な黒人と、堅物エリート白人コンビのドタバタ珍道中みたいなやつね!」位のイメージだったのですが、、

全然違いました、、

 

ではどんな映画だったのか?僕の感想も含めてお話していきたいと思います。(ネタバレ無)

映画「グリーンブック」を観てきた

映画【グリーンブック】あらすじ

1962年。天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系用心棒を雇い【黒人専用ガイドブック(グリーンブック)】頼りに、あえて差別の色濃い南部へのコンサート・ツアーへ繰り出す。旅の終わりに待ち受ける奇跡とは?まさかの実話!

公式サイトより引用

映画【グリーンブック】を観た感想

 

いや〜良い映画だった。

本当良い映画でした。

「あー面白かった!」というよりもこの表現の方が個人的にしっくりきます。

 

基本的にはシンプルな話なんですが、1962年という時代背景から、要所要所に黒人への差別問題がリアルに描かれています。

こう書くと少し難しい作品の様に感じてしまうかも知れませんが、2人のキャラクターの良さもあって、終始嫌な後味が残ることは無く、車での掛け合いなんかではクスっと笑ってしまう様なシーンも。

旅する様に各地のツアーを巡っていくので、旅好きとしてはロードムービーの要素も感じられて良かったです。最後まで楽しんで観れました。

この映画は、どんな人にオススメ?

  • 人間ドラマが好きな人
  • ロードムービーが好きな人
  • 黒人への差別問題について知りたい人
  • 暖かい気分になりたい人

まとめ:アカデミー3部門受賞は納得の作品!!

映画自体はとてもシンプルなのに、しっかりとキャラクターやテーマが伝わる作品でした。

映画って好き嫌いがあると思いますが、これは誰が観ても、いい作品だと思えるんじゃないかな。

しかし、なんと言ってもこの話が【実話】というのが驚きですね。

追伸:日本での芸能人を使った雑な映画CMってなんなんだろ。せっかく素敵な作品なのにもったいないよな〜

【ミニマリスト】を改めて考えさせられる映画【ノマドランド】を鑑賞。感想など
【ただの語り】僕が映画は映画館で見る様にしている訳



ブログ村ランキング

20代 / 30代ミニマリスト部門1位
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村