雑記

ファッションにおいてのミニマリズムのバイブル本。【服を買うなら、捨てなさい】を読んで。

ワタルです。

本日は書評

出来るだけ少ない服で楽しむには?何を意識するべきか?

そんなファッション面でのミニマリズムを再確認できる一冊。

地曳いく子 著書 服を買うなら、捨てなさい地曳いく子さんの著書【服を買うなら、捨てなさい】

地曳いく子さんの著書【服を買うなら、捨てなさい】を読んで

【服を買うなら、捨てなさい】の内容

少ない服で「あの人素敵!」と思わせる極意。ファッション誌には載っていない本当におしゃれな人の「服の買い方」。キャリア30年超のスタイリストが初めて本音で語った!
Amazon 本書紹介より引用

【服を買うなら、捨てなさい】を読んだ感想

こちらの一冊、実は結構前に読んだことはあったんです。

色んなミニマリストミニマリズム系の本を読んできたのですが、この本は特に実用的な考え方が書かれている良書だった記憶があり、ちゃんと再読してみようと改めて購入して読んでみました。※この本はミニマリスト本というジャンルでは無いです。

著者の地曳さんは、キャリア30年のスタイリスト。

なので本書では【捨て】をテーマの一つにはしていますが、【捨て】の指南書というよりは、しっかりファッション面での哲学を踏まえた上で、具体的にファッションでの【少数精鋭】の在り方についてアドバイスが書いてあります。

特に気になった項目5つを抜粋して紹介します!

特に気になった項目【5つ】を抜粋して紹介!

「イマイチ服」の徹底カットで、おしゃれ平均値は3割アップ

要するに、「おしゃれな人」とは「ダサいものを着ない人」のことです。おしゃれテクを研究するより、もはや似合わなくなったダサい服を手持ちから排除するだけで、誰でもおしゃれの底上げができます。 P.26

初めて読んだ時「本当。確かにそうだよなー」と思った記憶があります。

例えとして、手持ちの服の中で「これは良いでしょ!」と思える服以外を全部捨てれば、確かに一気にクローゼットの平均値は上がりますよね?

シンプルながら、意識するポイントとしては大事だと思いました。

何でも着こなせる=おしゃれという罠

一生ファッションを楽しんでいくためにも、「何でも着こなせるのがおしゃれ」なんていう思い込みは、今すぐここで捨ててしまってください。無理な服には手を出さず、自分の得意分野だけで勝負すればいいのです。 P.46

色々試してみて、幅を広げることは良いとは思います。

ただ、色々着こなせる=おしゃれなのか?

無理をせず、自分が似合う物を選べばOKという話。これもシンプルな考え。

買っていいのは「今着るもの」だけ

1週間、1カ月と時が経てば、流行も、自分自身さえも変わるもの。そのとき、1ヶ月後に着ようと思って買った服は、すでに「1ヶ月後の気分の服」。過去の気持ちの服になってしまっているのです。 P.100

次のシーズンの服だけど「めちゃくちゃカッコいい!orメルカリでかなり安い,,,売れちゃうかも,,,」と思っても、いざその季節になった時に全然テンションが上がらないみたいな経験はあります。

【今すぐ買って、明日から着て出掛けれるスピード感】で買った方が、テンションも上がるし、しっかり着用していくことが出来ますね。

高いか安いかは、着用回数で判断する

自分にとってのコストパフォーマンスのよさとは、「それを買ったら何回くらい着れるか」ということ。「何年」ではなく、「何回」です。数年に1回とか、ほとんど着ずに20年保管できたといっても、元を取ったことにはなりません。ちゃんと着て、活用できるのは何回か。その回数で値段を割ってみましょう。 P.103

これも当時読んだ時から、印象に残っていました。

漠然とコスパという言葉は理解出来てましたが【価格÷着用回数=コスパ】というとこまで考え切れて無い部分もありました。

2000円だから安い訳でも無いし、10万だから高いかは、使用していく中での長期的な目線で考えることも必要だと学びました。

「試着の罠」にご用心

靴は、片足だけでなくきちんと両足履いて、自分のサイズの前後のサイズも履き比べてみましょう。/パンツ-自分はこのサイズと思っていても、同じ形で最低2サイズははき比べてみましょう。/トップス以外のアイテムでも、こういう自分の日常の中でやる大きな動作をひと通り試してみると、より失敗を防ぎやすくなるでしょう。 P.112,113

こちらも実用的なアドバイスで、「さすがファッションのプロの方だなー」と思いました。

購入後に生活上で行う動きを事前に確認したり、サイズも自分の固定概念で選ばすに絶対に2サイズは試してみることで、購入の失敗率をグッと落とすことが出来ますね。

読んでると普通のアドバイスっぽいですが、意外にこういう点を書いてくれてる本って少なかったりするので。

まとめ:洋服のミニマル化が具体的に理解出来る。ミニマリストにおすすめの一冊。

改めて読み直して、個人的にファッション面においてのシンプル・ミニマルな考え方については、本書が一番参考になると思いました。

実際、本書での考え方を参考した場面が、今までに何度もあったり。

抜粋したのは一部なので、他にも具体的なアドバイスが多々書かれています。

ファッションをシンプルに楽しむ為の指南書として、本当におすすめです。

ミニマリストの方でも、「ファッション面の考え方は、この本を参考にした」というのを、よく見かけます。

【靴トーク】一人の男性ミニマリストの靴事情。持ってる靴は何足?選んだ理由は?

パッケージ的に女性寄りの本に見えるかもしれないですが、こちら男性でも全然おすすめ出来ます。本当にためになるアドバイスが多いので、読んだことが無い方は、早めに読んでおくと後々得すると思いますよ!

【残り3日】で終了!!200万冊以上の書籍がどこでも楽しめる。Kindle Unlimited3ヶ月99円キャンペーンについて

10年後はどうやって服を選ぶと思いますか?齊藤孝浩氏の【アパレル・サバイバル】を読んで




ブログ村ランキング

20代ミニマリスト部門1位
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

こちらの記事もおすすめ