雑記

松浦弥太郎さんの著書【もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある】を読んで

 

こんにちは!

ワタルです。

 

本日は書評。

松浦弥太郎さんの著書 【もし僕が〜50のやりたいことがある】
松浦弥太郎さんの著書 【もし僕が〜50のやりたいことがある】

 

松浦弥太郎さんの著書

もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがあるです。

 

目次

本作の内容紹介

『暮しの手帖』編集長から、「クックパッド」の一社員に2015年春転身し、多くの読者を驚かせた文筆家の松浦弥太郎さん。未来に悩む若者たちに「もし、今自分ならこんなことをしてみたい」というアプローチで、この時代を仕事や生活について、どう生き、どう楽しみ、どう学び、どう考え、どう努力し、どう悩むか、これからの生き方や仕事の仕方を指し示す。多くの人に読み継がれたロングセラー、待望の文庫化!

~同書紹介より引用~

【もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある】感想

松浦さんの著書は以前も紹介しました。

こちらにあります。

海外を旅してきた旅行記です。

一人旅のお供におすすめな本5冊を紹介!

 

今回読んだ作品は、旅行記では無く

松浦さんが、自分自身を振り返り

「自分がいま25歳だったら、何をしたいか?」

と考え、まとめた作品です。

 

物事って一度通り過ぎて初めて

「あ〜あの時はこうしておけば良かったな、、」

と思うことが多いですよね。

 

人生の経験豊富な松浦さんが振り返って書いた作品のなので

10代、20代の内に読んでおくと

色々経験した上での松浦さんの25歳だったらやりたいことが

50項目書いてあるので、すごく参考になると思います。

 

どう進んでも、「あれをしておけば良かったな〜」

と思う部分は出てきてしまうとは思います。

こちらの書籍を読んで、早く時期にたくさん経験することの

大切さを学べました。